写真1写真2

初夏の青空に、ヤマボウシの白い花。

ヤマボウシ(山法師)は、日本から中国・朝鮮半島に分布する落葉高木で、日本では沖縄・九州・本州の山地に自生し、5~10mの高さに生長します。

白い花びらに見えるのはガクで、これを坊主頭と頭巾に見立てて「山法師」と名付けられました。美しさや育てやすさから街路樹や庭園樹として人気が高く、江戸時代には海外で観賞用樹木として栽培されていました。

花言葉:友情