写真1写真2

シャクナゲの花が鮮やかに咲いて来ました。

松平郷園地では、鮮やかなシャクナゲの花が咲いています。
蕾のうちは濃いピンク色で、開花に伴い淡いピンク色に変化してきます。
自生のものは、東北から中部地方など、東日本の山岳地帯に生育することから「アズマシャクナゲ」と呼ばれています。
園地のシンボル「松平親氏公銅像」前から天下茶屋に向かう歩道脇と、高月院駐車場付近で観られます。
花言葉:威厳、荘厳