写真1写真2

少し早く「ショウジョウバカマ」が咲き始めてきました。

今年の春は少しばかり早い気がしますね。
ショウジョウバカマ(猩猩袴:ユリ科の常緑多年草)も例年より少し早めに咲き始めてきました。
花色は一般的に赤紫が多く、中には白っぽいものから紫色、ピンク色など地質や日照条件などにより変化があるようです。よく見ると、花は幾つもの花が集まった集合花だとわかります。
名前の由来は、独特の形をした赤い花を「猩猩(ショウジョウ:中国の伝説上の赤い顔をした動物)」に、光沢のあるヘラ状の葉を「袴(はかま)」に見立てたものと伝えられます。 松平郷園地では、これから3月末にかけて散策道沿いや林の中、小川沿いなどで、数多くのショウジョウバカマが咲き誇ります。

花言葉:希望