写真1写真2

彼岸花(ヒガンバナ)が咲いてきました

お彼岸の中、咲き始めてきたのはヒガンバナ(彼岸花:ヒガンバナ科の多年草)。名前の由来も、秋の彼岸ごろに咲くことからと言われています。別名のマンジュシャゲ(曼珠沙華)は、法華経の中で登場する「天上の花」が由来とされています。ただ、日本では、「火事花」とか「死人花」とも呼ばれ、忌み嫌う風習もあるようです。全草に毒性を持ち、特に球根には強い毒性があり、誤食すると下痢や吐き気をおこし、ひどい場合は命も落しかねないそうです。田のあぜなどで良くヒガンバナを見かけるのは、この毒性を利用し、モグラやネズミの侵入を防ぐために植えられたからといわれています。
今年は少し遅い開花となりましたが、高月院山門周辺やトンボ池周辺などで咲き始めており、見頃は今週末から来週にかけてでしょう。

花言葉:悲しい思い出、思うはあなた一人