写真1写真2

「ソシンロウバイ」が見頃を迎えています

松平郷園地では、ソシンロウバイ(素心蝋梅:ロウバイ科の落葉低木)が見頃を迎えています。
寒さの影響でしょうか、例年に比べ2週間ほど遅くなりました。
一般的にはロウバイと呼ばれていますが、花色に変化がなく、花もやや大きいものを「ソシンロウバイ」と呼ばれ、花の内側が濃い紫色のものを「ロウバイ」(写真2枚目)と呼び区別されているようです。
蝋細工の様な花びらと梅に似た花の形からこの名前があり、開花と同時に甘い香りを漂わせることから、花の少ないこの時期には貴重な存在でもあります。
松平郷園地では、高月院山門付近と天下茶屋の東側の土手にソシンロウバイ、ソシンロウバイが植栽されており、見頃は1月初旬から2月初旬までと比較的永く楽しむことが出来ます。

花言葉:慈愛心、優しい心、先見