写真1写真2

ミズバショウが見頃を迎えています

松平郷園地のトンボ池では、桜の下でミズバショウ(水芭蕉:サトイモ科の多年草)が見頃です。
この池には、開園時におよそ50株のミズバショウが植栽されており、毎年可憐な姿を見せています。
白い花のように見えるのは、実は葉が白く変化したもので「仏炎苞(ぶつえんほう)」と呼ばれています。実際の花はその中心にある緑色で棒状のもので、小さな花が集まって出来ています。
他に園地内の氷池にも30株ほどが植栽されており、こちらも少し遅れて咲き始め、今月中旬まで見頃は続くでしょう。

花言葉:美しい想い出、変わらぬ美しさ