写真1

淡い紫色のセンダンの花が咲き始めてきました

センダン(栴檀:センダン科の落葉高木)の花が咲き始めて来ました。
この木は成長が早く、短期間で高木になるので、公園や校庭などに植栽され、比較的よく見かける樹木です。
「栴檀は双葉より芳ばし」ということわざがありますが、この「栴檀」とは別の木で、白檀(ビャクダン)のことを言います。
そのため本種はさほど香りはありませんね。
5月下旬から6月にかけて、若い枝からのびた葉の脇から、多数の花枝を伸ばし、直径2センチ位で、5弁の淡い紫色の小花をたくさん咲かせます。
この花の色は樗色(おうちいろ)と呼ばれ、センダンの古名「樗(おうち)」からきています。
松平郷園地では、10~15メートルの高さに成長した3本のセンダンが、氷池湿地付近で見られます。

花言葉:意見の相違