写真1写真2

高月院のシダレザクラが見頃です。

高月院のシダレザクラが見頃を迎えてきました。この桜、樹齢はおよそ450年、高さ約8メートル、根回りは4メートルで、松平次郎三郎元信(後の徳川家康公)お手植えの枝垂れ桜です。日当たりの良い境内にあるこの桜は、松平郷内でもいち早く咲き始めます。

<参考>
徳川家康公の幼少時代の名を「松平竹千代」と言い、元服した後に、名を「松平次郎三郎元信」と改名しました。この名は竹千代時代から師と仰いだ「太原崇孚雪斎(たいげんすうふせっさい)」が没するまでの6年間の名前です。その後「松平元康」から「徳川家康」と改め、世に知る天下人となりました。